[事例3]遺産調査の結果生前に相続した生命保険を発見した事案


家族関係

叔母夫婦には子どもがいないため兄弟が相続人になる案件。兄弟は既に亡くなっていたため,その子供らが相続することに。


相談に来たきっかけ

叔母の財産管理をしていた者が不正を働いていた可能性があったため,弁護士による徹底調査を希望され,ご相談に来ていただきました。


解決の内容

過去の出金を調査したところ,相談者が把握していなかった生命保険が発見され,これを相続人で案分することが出来ました。
新たな遺産を発見できたことで,相続人の間では大きなトラブルもなく終結に至りました。


解決のポイント

亡くなった方と別々に生活していた場合,遺産としてどのようなものがどの程度残っているのかは,全く分かりません。
そこで,遺産として判明している預金などの過去の履歴を見てみることをお勧めします。
そうすることで,思いがけないところから,財産を発見することもあります。




 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら