[事例2]亡母の金銭管理をしていた兄弟から相続分に従った金銭を取り戻した事案


相談に来たきっかけ

母親が亡くなった際,これまで母親の金銭を管理していた兄弟が,「母はあなたに多額の生前贈与をしたはずだ」等と主張して,話し合いが前に進まなかったため,弊所にご来所。


解決の内容

弁護士が代理人として相手方と交渉を受任し,生前贈与について当方が認め得る範囲以外は否定する内容で預金を分けることになった。また,借家が遺産として残っていたため,地主と交渉して明渡手続きを実施して,亡母名義の問題を全て解決した。


解決のポイント

この事案は,ご兄弟間で信頼関係が築けていないケースです。相互不信があるため,本来進むべき話も全く前に進まなかったのです。
このような事案において,もめ事解決の唯一の専門家である弁護士が入ることで,交渉をスムーズにかつ当方に不当に不利にならないよう目を光らせることが出来るのです。また,借家の問題など,素人の方ではなかなか解決できない問題も一挙に解決することができました。




 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら