[事例1]遺産分割協議において,法定相続分よりも200万円以上も多く獲得


事案の概要

依頼者は,祖父及び祖母の遺産分割について,他の相続人である叔父が遺産を全て取得する内容の協議案を提示されたため,ご相談に来られました。


解決のポイント

祖父の遺産については,叔父が全て遺産を取得する内容の遺産分割協議書に依頼者の押印がされていたため,争うことが不可能でした。
しかし,この協議書は叔父が依頼者に対して正確な情報を提供しないまま,協議書への押印を求めることで作成されたという経緯がありました。

そこで,祖母の遺産建物については未だ遺産分割協議書が作成されていなかったことに着目しました。
祖父の遺産分割協議書の作成経緯に不当な点が存することを主張することにより,できる限り依頼者の法定相続分(4分の1)以上に遺産を獲得することを目標としたのです。

その結果,法定相続分よりも200万円以上多い額での合意をすることができました。
遺産分割の場面では、安易に遺産分割協議書に署名捺印しないことがまずは重要になります。
しかし、たとえ署名捺印をしてしまったとしても、諦めることなく解決策を模索することにより、依頼者のご希望をできる限り実現することができる場合があるのです。




 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら