遺留分減殺請求されたら

もし、他の相続人から遺留分の減殺請求をされたらどうすればいいのでしょうか?

 

遺留分減殺請求されたら

 

 

遺留分は相続人に保障された権利ですから、正当な請求である場合は遺留分相当の財産を渡さなければなりません。相続した財産の中から支払う場合もありますし、自分の資産の中から現金や不動産で支払う場合もあります。

 

 

 

 

遺留分の算定や相続財産の評価は非常に難しく、相手方の請求に根拠があるか否かについて正確な判断は難しいと思われます。

 

例えば、田舎の田畑を相当な範囲で相続していたとすると、それをどのように分けるのか、あるいは換価相続にするのか、また土地であれば何の評価額を参考にして減殺請求に応じるのが最も得策か、といった観点で対応しなければなりません。

 

また、遺留分減殺請求は、遺留分権利者が相続の開始を知り、被相続人の財産の贈与又は遺贈があった事実を知ったことに加えて、その贈与又は遺贈が遺留分を侵害していることを知った時から1年以内にしなければなりません。さらに、そのように相続の開始や遺留分の侵害を知らなくても、相続の開始の時から10年経過すれば、遺留分減殺請求をすることはできません。

 

遺留分減殺請求をされた場合は、この点についても正確に判断する必要があります。

 

もし、あなたが他の相続人から遺留分減殺請求をされた場合には、まずは一度弁護士に相談をし、的確なアドバイスを求めるほうが良いでしょう。

 

なお、遺留分は請求権を行使してこそ認められる権利ですので、遺留分権利者が財産を取り戻すためには、遺留分を侵害している者に対し、その権利を主張することが必要です。したがって、仮に、あなたが遺留分を侵害していたとしても、遺留分権利者の方から請求がなければ、そのまま財産を取得することに何ら問題はありません。

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら