遺産分割(遺産分割協議,遺産分割調停,審判,訴訟)

相続の話し合いを弁護士が全て代行します。

相続をめぐる話し合い(遺産分割協議)では,相続人同士が長年の不満を一気に爆発させ,感情をぶつけ合ってしまい,収集がつかなくなることがよくあります。

 

また,相続人の一人が法律的には正しくない主張を行い,自分もよく分からないまま書面にサインしてしまって,後で後悔する,といった事態もよく目にします。

 

弁護士は,あなたの状況を踏まえて,法律に従った主張を行うことで,あなたの正しい権利を守り,また,経験を踏まえた交渉を行うことで話し合いを円滑に進めることができるようになります。

 

このような方に適したサービスです

遺産分割について相続人間で争いがある。

相続人同士が疎遠で遺産分割協議が進まない。

遺産分割協議書に判を押すよう求められたが納得がいかない。

 

(相続人間で争いがない場合はこちら。→【遺産分割協議書作成】

 

サービス内容

相続人同士の紛争では心情的な問題を金銭的な問題と切り離すことが困難です。

 

もっとも,気持ちばかりを押し通して,適切な合意ができない場合には最終的に相続できる遺産が減ってしまう場合もあります。

 

弁護士は,裁判になった場合の結果を見据え,心情的な問題と金銭的な問題の両方をふまえながら,真の意味であなたにとってよい結果になるようサポートします。

 

1 相続人調査

2 相続関係図作成

3 財産調査

4 遺産目録の作成

5 遺産分割協議(調停,審判,訴訟)

6 遺産分割協議書の作成

 

遺産分割協議の流れ

1 法定相続人の調査及び遺産の調査

遺言書が無い場合もしくは遺言書とは異なる内容で遺産を分割する場合,誰がどれだけ遺された遺産を相続するのかを相続人間の協議によって決定する必要があります。

 

遺産分割協議には,すべての相続人が参加し,合意をしなければなりません。そのためには,まず被相続人の戸籍謄本を確認するなどの作業を行い,すべての相続人を確定します。

 

戸籍や登記簿謄本等の必要書類の取り寄せについても,弁護士がサポートします。

 

また,どのような財産がどれくらい遺されていたかの遺産調査も並行して行い,必要であれば財産の評価を行います。

 

(弁護士による遺産調査をご希望の方はこちら→【遺産調査】

 

2 相手方と遺産分割協議を行う

相続人及び遺産の内容が明らかになったら,弁護士が相手方と連絡を取り,遺産分割について話し合います。

 

3 遺産分割協議書の作成

相手方と話し合いで遺産分割協議がまとまった場合,弁護士が遺産分割協議書を作成します。

 

相続人全員の署名押印のある遺産分割協議書を各相続人が1通ずつ所持できるよう,相続人の人数と同じ通数の遺産分割協議書を作成します。

 

4 遺産分割調停,審判

遺産分割協議がまとまらない場合,家庭裁判所に遺産分割の調停を申し立てます。

 

遺産分割調停は,他の相続人全員を相手方として申し立てます。

 

遺産分割調停での話合いがまとまらず調停が不成立になった場合には,審判手続が開始され,裁判官が一切の事情を考慮して,審判をすることになります。

 

5 訴訟

遺産分割の前提となる法定相続人の範囲,相続財産の範囲,遺言の有効性等に争いがある場合,訴訟を提起する場合があります。

 

弁護士による遺産分割後の各種手続(登記・登録・名義変更・払戻し等)をご希望の方はこちら→【相続の各手続(登記・登録・名義変更等)】

 

弁護士費用

                        税別価格

(1)遺産分割協議プラン 

① 着手金 案件の規模に関わらず        20万円

② 報酬金 案件の規模に関わらず        経済的利益の10%

 

※最低報酬金を50万円とさせて頂きます(経済的利益が500万円以下の場合も50万円が報酬金となります)。

※調停,審判に移行した場合,追加着手金としてそれぞれ20万円(税別)を頂きます。

※遺産の経済的利益を算定する際は,相手方との間で決定した評価額を基準とする。

※その他,郵便切手代などの実費がかかります。

 

 

遺産分割に関してよくある質問

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら