遺産分割調停と審判

(1)はじめに

遺産分割協議は,別の項で説明した通り,相続人の間の話し合いによるものですから,どうしても話がまとまらない,という事態が出てきます。

 

このような場合に利用されるのが,裁判所で行われる調停という手続きです。

 

ここでは,調停,それから調停がまとまらなかった場合に行われる審判という手続きについて説明します。

 

(2)遺産分割調停

遺産分割調停とは,家庭裁判所で行われる手続きです。

 

「裁判所」と聞くと大げさに感じてしまう方もいらっしゃいますが,実際には,裁判所の調停委員という方を交えた話し合い,と考えて頂ければ結構です。

 

① 誰が参加するのか

調停は,相続人全員が手続きに参加しなくてはなりません。当事者の一部を欠いた遺産分割調停は無効となります。

 

② 何を申し立てるのか

調停の内容に制限はなく、現物分割(遺産をそのままの形で相続分に応じて分割する方法をいいます。)、換価分割(遺産を他に売却して金銭に換え、この金銭を相続分に応じて分割する方法をいいます。)、代償分割(相続人の一部が相続分を超えて遺産の一部または全部を現物で取得し、その者が、他の相続人に対して不足額に相当する分を代償金として支払う方法をいいます。)など、事情によってさまざまな分割方法を希望する申立てをすることができます。遺産の一部の分割を求めることも可能です。

 

③ 調停委員は何をしてくれるのか

調停では,調停委員がいわば仲介者として,話し合いを進めることになります。あくまで話し合いですので,裁判所が一方的に内容を決めることはありません。

 

しかし,裁判所が間に入ることで,当初無理難題ばかり言っていた相続人が態度を改めてまともな話し合いができることになることはよくあります。

 

私の経験でも,遺産分割協議では話にならなかった案件の殆ど全てが,調停で無事解決していますので,調停委員が間に入る効果は相当期待できます。

 

④ 調停はどれくらい時間がかかるのか

調停は1か月~2か月に1回行われます。この期日の間に,双方の当事者が,調停期日で出てきた宿題に向き合って,少しづつ話し合いを進めていくイメージです。

 

調停に要する期間ですが,早く解決できたもので半年程度,一般的な事件でも1年程度かかることがあり,時間がかかるものですと1年半ほどかかるものもあります。

 

⑤ 調停で決まった内容はどんな書面になるのか

調停がまとまったら、調停調書という書面にその内容がまとめられ、それにもとづいて相続手続きを行うことになります。

 

調停調書に、金銭の支払い、ものの引き渡し、登記義務の履行など給付義務を定めた合意内容が記載されると,これは裁判で判決が下された場合と同じ効果を持っています。つまり,調停で合意した内容が実現されない場合には,強制執行をすることができるのです。例えば,調停で決めたお金が支払われない場合には,相手方の預金口座を差し押さえて回収をすることもできるのです。

 

⑥ 調停を有利に進めるにはどうすればよいか

端的に申し上げると,遺産分割調停は,必ず弁護士を付けるべきです。

 

調停は,話し合いがベースになるとはいえ,裁判所が主催する手続きですから,常に法的な主張や証拠が飛び交います。

 

ですので,自身の立場に有利な証拠をいかに集め,いかに法的に理にかなった主張を組み立てるか、ということが重要なのです。

 

弁護士であれば,あなたの代理人として,上に述べた観点から適切に活動することができますので,弁護士を付けて調停に臨むことを強くお勧めします。

 

(2)遺産分割審判

「審判」という言葉は聞きなれないと思います。

 

この手続きは,遺産分割の調停が不調(話し合いがうまく行かなくなること)に終わった場合、自動的に審判という手続きに移行します。

 

審判では、裁判官が、双方の主張を聞いたうえで、審判を下して結論を出します。つまり,普通の裁判と同じで,話し合いではなく,裁判官が一方的に結論を決める,という手続きが審判なのです。

 

この遺産分割審判も,裁判で判決が下されたときと同じ効果を持っていますので,相手方が審判の内容を履行しない場合には、例えば預金を差し押さえる等してその内容を強制的に実現することができるのです。

 

 

遺産分割の調停や審判について、不明な点や不安なことがありましたら、一人で悩まずに弁護士にご相談されることをお勧めします。

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら