遺産分割協議書の作成

遺産分割協議書作成の勧め

遺産分割協議書作成の勧め

遺産分割について,相続人の間でようやく話しがまとまっても,これを正式な書面に記載しなければどうなるでしょうか。

例えば,遺産分割の協議結果を適切な書面に残さないと,せっかく相続人の間で不動産を取得する人を決めても,その人への登記名義の移転が認められないとか,預金の払い戻しができないことになります。

 

 

また,適切な書面を残さないと,例えば,当初予定しなかった遺産が後から判明した場合に,その遺産を誰が取得するかで再びトラブルが発生するかもしれません。

 

相続税の申告の場面においても,法定相続分と異なる割合で遺産分割をした場合にはその旨が適切に記載された遺産分割協議書が必要となります。

 

このように,相続人の間で協議した結果をきちんと正式な書面にすることは,非常に重要なのです。

 

このような方に適したサービスです

このような方に適したサービスです

 

相続人間で後々トラブルを残さないよう相続人全員の合意内容を明確にしておきたい。

遺言書とは異なる分割方法で分割したい。

遺言書に書かれていない遺産がある。

 

 

 

 

 

 

(相続人間で争いがある場合には,当サービスは利用できません。

【遺産分割協議・調停申立】へ)

 

遺産分割協議書作成の流れ

1 法定相続人の調査及び遺産の調査

遺言書が無い場合もしくは遺言書とは異なる内容で遺産を分割する場合,誰がどれだけ遺された遺産を相続するのかを相続人間の協議によって決定する必要があります。

 

遺産分割協議には,すべての相続人が参加し,合意をしなければなりません。そのためには,まず被相続人の戸籍謄本を確認するなどの作業を行い,すべての相続人を確定します。

 

戸籍や登記簿謄本等の必要書類の取り寄せについても,弁護士がサポートします。

 

また,どのような財産がどれくらい遺されていたかの遺産調査も並行して行い,必要であれば財産の評価を行います。

 

(弁護士による遺産調査をご希望の方はこちら→【遺産調査】

 

2 相続人間で遺産分割協議を行う

相続人及び遺産の内容が明らかになったら,どの遺産を誰がどれだけ取得するのかを相続人全員で相談して決めます(遺産分割協議)。

 

相続人全員が集まり協議を行うのがベターですが,書面や電話,メールなどによるやり取りで進めていただいても差し支えありません。

 

3 遺産分割協議書の作成

遺産分割協議の内容をもとに,弁護士が遺産分割協議書を作成します。

 

①遺産分割協議書には,誰がどの遺産を取得するのか明記し,遺産の特定に足る事項を詳細に記載します。

②現在判明していない相続財産が今後発見された場合に,誰にどう分配するかについても記載します。

③住所の記載は,住民票や印鑑証明に記載されているとおりに記載します。

④捺印は実印でします。

⑤作成する通数は,各相続人が1通ずつ所持できるよう,相続人の人数と同じ通数を作成します。

 

4 遺産分割協議書に基づく遺産の分割

作成した遺産分割協議書を元に,不動産,預貯金,有価証券などの名義変更手続を行います。

 

弁護士による遺産分割後の各種手続(登記・登録・名義変更・払戻し等)をご希望の方はこちら→【相続の各手続(登記・登録・名義変更等)】

 

サービス内容

サービス内容

 

当事務所では遺産分割協議書の作成だけでなく,相続人調査や遺産調査から遺産の名義変更手続まで,相続手続を総合的に進めることが可能です。どういった手順で相続を進めてよいのかわからない場合でも,まずは当事務所までご相談ください。

 

 

 

 

もちろん,遺産分割協議書の作成のみでもご依頼いただけます。

 

1 相続人調査

2 相続関係図作成

3 財産調査

4 遺産目録の作成

5 遺産分割協議書の作成

 

弁護士費用

                報酬(税別)         実費

遺産分割協議書作成

遺産の総額が2500万円以下  15万円

遺産の総額が5000万円以下  20万円

遺産の総額が7500万円以下  25万円

遺産の総額が1億円以下     30万円

遺産の総額が1億円以上     個別お見積り

 

※相続人の間で遺産の分割内容を巡って争いがある場合には利用できません。

※不動産の評価は固定資産税評価額で決定します。

 

 

遺産分割協議書作成に関してよくある質問

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら