遺産分割協議と遺産分割協議書

ここでは,遺産分割協議についてご説明します。

 

(1)遺産分割とは何か?

例えばお父様が亡くなって,相続が発生したとします。

 

このときお父様が遺言書を遺していなかったとすると,相続人全員で遺産をどのように分けるのか話し合って決めなければいけません。

 

これが遺産分割です。

 

なお,遺産分割「協議」という名前が付いていますが,必ずしも全員が一同に集まって話し合う必要はなく,全員が遺産分割の内容に同意していれば問題ありません。

 

(2)遺産分割協議書とは何か?

そして,遺産をどのように分割するのかが決まったら,その合意した内容を書面にまとめます。これが遺産分割協議書と呼ばれるものです。

 

遺産分割協議書は,相続人の全員が署名・捺印して作成します。

 

この遺産分割協議書があって初めて,不動産の所有権の移転登記などの相続手続きを行うことができるのです。

 

(3)後で後悔しないために

遺産分割のポイントは,一度遺産分割協議書が成立してしまうと,これを覆すことが原則としてできない,ということです。

 

ですので,相続人同士で遺産分割協議を行う場合,事前に,専門家である弁護士に相談しておくと良いでしょう。

 

弁護士はあなたの状況や要望を聞き取った上で,どのような遺産分割協議書を作成すべきか,アドバイスを行います。遺産分割協議の場で不用意な発言をすると,後であなたに不利に働いてしまうこともあります。当然,あなたと他の相続人の主張が対立しそうな場合には,その対処方法も含めてアドバイスいたします。

 

(4)遺産分割協議をめぐるよくあるトラブル

よくあるケースが,相続人の1人又は複数人が結託して,勝手に遺産分割協議書を作成し,署名・捺印を迫ってくることです。

 

このようなケースで安易に署名・捺印してしまうと,当然,自分にとって不利な内容の遺産分割となってしまいます。

 

あなたが,遺産分割協議書の内容に納得できない場合,または遺産分割協議書の内容がよく理解できない場合は,一旦保留して,専門家である弁護士にすぐに相談してください。

 

(5)弁護士に依頼した方がよいケース

場合によっては,そもそも遺産分割協議自体を弁護士に代理してもらった方が良い場合もあります。

 

① そもそも,遺産分割協議自体がまとまらない場合
② 一部の相続人が,「相続放棄をしろ」等と理不尽な要求をしてくる場合
③ 他の相続人同士が結託して,あなたに不利な遺産分割協議が成立するおそれがある場合
④ 他の相続人が,司法書士などからの助言を受けている場合
⑤ あなたご自身で,他の相続人と協議を行うことが精神的に苦痛な場合

 

このような場合は,弁護士を代理人として立てて遺産分割協議を代わりに行ってもらうことを検討してください。

 

弁護士は,もめているポイントを整理した上で,双方の言い分が調停や裁判になった場合,どのような結果になるか,という見通しを踏まえて交渉を行います。また,依頼者の要望に沿う証拠を収集することで,交渉を有利に進めることができます。

 

弁護士に依頼することでもちろん費用が発生することになりますが,①当事者同士で話し合って泥沼化した挙句,調停や裁判になってしまって結局弁護士を入れることになれば,かえって紛争が長期化することになりますし,②長期化を恐れて納得いかない内容で遺産分割協議書にサインしてしまうと,後で後悔しても取り返しがつかなくなってしまいます。

 

遺産分割協議に不安がある場合や,相続人間で争いが生じている場合,または争いが生じそうな場合,一度は専門家である弁護士にご相談下さい。

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら