相続放棄

相続放棄の必要性

相続と聞くとプラスの財産を取得するイメージが先行してしまいますが,相続は,マイナスの財産,つまり借金も相続人に引き継がれる,という側面も持っています。

 

しかし,借金を相続してしまった場合でも,弁済の責任を免れる方法があります。

 

それが,相続放棄です。借金の方が多い人を相続してしまった場合には,相続放棄を強くお勧めします。

 

一点だけ注意点があります。相続放棄は,原則,親等の被相続人が亡くなって3か月以内に手続きをしないといけない,ということです。

 

但し,後から借金が分かったときなどは3か月を過ぎていても,きちんと裁判所に事情を説明すれば,認めてもらうことも可能ですので,まずは,弁護士にご相談頂ければと存じます。

 

このような方に適したサービスです

被相続人に借金などの債務があるらしい

相続問題に関わりたくない

相続税を節税したい

 

相続放棄手続の流れ

1 相続放棄すべきかどうかの検討

被相続人の財産状況やあなたのご希望を聴取し,不明な相続財産は調査して,相続放棄の手続きをすべきかどうか検討します。

 

(弁護士による遺産調査をご希望の方はこちら→【遺産調査】

 

相続放棄の申立ては,自身が相続人であることを知った日から3ヶ月以内に手続きをしなければならないため,期限が迫っている場合には,相続放棄の申述期間伸長の申立てを行います。

 

2 相続放棄に必要な書類の収集

相続放棄申述書,戸籍謄本など相続放棄に必要な書類を用意します。戸籍謄本等の必要書類の取り寄せについても弁護士がサポートします。

 

3 家庭裁判所に必要書類を提出します。

用意した相続放棄申述書と必要書類を家庭裁判所に提出します。

 

提出先の家庭裁判所は,被相続人が最後に住んでいた住所地を管轄する家庭裁判所です。

 

4 家庭裁判所からの照会

相続放棄の申し立てをしてから2週間以内に「照会書」という裁判所からの質問が送られてきます。回答を記入して裁判所に返信します。

 

5 相続放棄の申述受理

返送した照会書は家庭裁判所で審理されます。

 

特に問題がない場合には,相続放棄申述受理通知書が送られてきます。これにより相続放棄は完了します。

 

サービス内容

専門家である弁護士があなたに代わって相続放棄の手続きを全て代行します。

 

(1)相続放棄プラン

1.相続放棄に関するアドバイス

2.必要書類の取寄せ(戸籍謄本等)

3.裁判所提出書面の作成及び提出

4.申述後の裁判所からの質問状に関するアドバイス

5.相続放棄受理証明書の取得

 

(2)限定承認プラン

1.限定承認に関するアドバイス

2.必要書類の取寄せ(戸籍謄本等)

3.裁判所提出書面の作成及び提出

 

弁護士費用

                      報酬(税別)         実費

(1)相続放棄プラン      

3か月の熟慮期間経過前           10万円

(2名以上同時にご依頼頂く場合の追加料金) 5万円/1名あたり

3か月の熟慮期間経過後           15万円

(2名以上同時にご依頼頂く場合の追加料金) 5万円/1名あたり

※表記はすべて税別となります。

 

(2)限定承認プラン            30万円

※遺産の内容に応じて見積もりさせて頂きます。

 

 

相続放棄に関してよくある質問

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら