生前贈与

生前贈与とは、生きているうちに財産を譲ることをいいます。

 

生前贈与は、相続財産を生前に贈与しておくことで、相続財産を減らし、それによって相続税を減らすという税金対策のためにされることが多いですが、遺言での贈与である遺贈などと比較して,生前に確実に財産を移転できることも生前贈与を選ぶ理由のひとつといえます。

 

生前贈与の際には、次のような点に注意が必要です。

 

  • 贈与税と相続税の節税額の分岐点を確認しておく。
  • 生前贈与の受贈者が遺留分減殺請求をされてしまうなどのリスクを考慮し、遺産分割のトラブルとならないように注意する。
  • 相続開始前3年以内の相続人に対する贈与は、相続税算定の際、相続財産として加算されることを考慮する。

 

 

事前に、誰に、どんな将来を迎えてほしくて、生前贈与をするのか、ということを弁護士にご相談いただくことで、弁護士が適切な相続を戦略的に組み立てていきます。是非ご相談ください。

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら