特別受益

(1)特別受益とは?

特別受益とは?

 

 

 

ある相続人が、被相続人から受けた遺贈(遺言による贈与)や生前贈与などの特別な利益のことを特別受益といいます。

 

 

 

 

遺贈や生前贈与を受けた相続人が、他の相続人と同じように法定相続分を取得できるというのでは、不公平です。そのため、民法では、このような生前贈与や遺贈を「相続財産の前渡し」とみなし、特別受益を相続財産に加えて計算し(これを「持戻し」といいます。)、これを法定相続分に従って分けた後、特別受益者については、特別受益分を減らすことで、相続人間の公平を図ることとされています。

 

(2)特別受益の対象財産

特別受益となるのは,「遺贈」(遺言による贈与)と「生前贈与」です。

 

「遺贈」はすべて特別受益となりますが,「生前贈与」としての特別受益は下記のものに限られています。

 

①婚姻もしくは養子縁組みのための贈与
②生計の資本としての贈与

 

(3)特別受益がある場合の相続分の計算方法

特別受益がある場合の相続分の計算方法

 

 

例えば,相続人のうちの1人に対し住宅購入資金の援助があった場合、②に該当しますので,特別受益財産と相続財産を合計したものを、特別受益者を加えた相続人で法定相続分により分割することになります。

 

 

 

 

贈与があった時点から実際に遺産分割が行われるまでに時間差があった場合には、特別受益財産は現在の時価に換算されます。

 

このように、特別受益の対象財産を確定し,特別受益額を評価し,特別受益の持ち戻し計算をするなど,特別受益がある場合には多数の検討事項があります。

 

相続という問題は人生において、そう何度も経験することではありません。特別受益が問題になる場合には、専門家である弁護士にご相談ください。

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら