寄与分

(1)寄与分とは?

 「私はあんなに頑張って実家の稼業を手伝ったのに,みんなと同じ相続の割合なのは納得できない!」

 

こんな方の不満に対応するのが寄与分,という制度です。

寄与分とは?

 

寄与分とは、相続人の中に、被相続人の財産の維持又は増加について特別の寄与をした者がある場合に、他の相続人との間の実質的な公平を図るために、その増加をさせた相続人に対して、相続分以上の財産を取得させ、実質的な公平を図る制度のことをいいます。

 

(2)寄与分を受けることのできる者の範囲

寄与分を主張できるのは相続人だけです。

 

相続人ではない人は、どれだけ被相続人の財産の維持・増加に寄与したとしても、寄与分を主張することはできません。

 

例えば,長男の奥様が実家で義母の介護を一生懸命行っていたとしても,それは相続人ではない(相続人は長男)人の頑張りですので,基本的には寄与分の話にはならないのです。

 

(3)寄与分が認められる場合

寄与分を主張するためには、次のような条件が必要です。

 

寄与分が認められる場合

 

①「寄与行為」があること
②寄与行為が「特別の」寄与と評価できること
③被相続人の財産の維持または増加があること
④寄与行為と被相続人の財産の維持または増加との間に因果関係があると評価できること。

 

 

 

 

寄与分が認められるケースとしては、次のようなものが考えられます。

 

  • 被相続人の事業に無償で従事して、財産を増やした
  • 被相続人の療養・介護に従事し、療養・介護費用の支出を抑えた

 

このような場合は、寄与分が認められる可能性がありますので、ぜひ弁護士にご相談ください。

 
相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら

相続・遺言問題でお悩みの方はご相談ください

ご相談の流れはこちら